大好き 泉川 ブログ
「大好き 泉川」の活動などを紹介していきます。
少年警察ボランティア協会総会
7月30日(月)18:30~ 新居浜警察署で、少年警察ボランティア協会総会が開催されました。
 表彰がありましたが、今回は、泉川校区の対象者はいませんでした。

   会1   会2
    総会会場です                       若宮 高橋さんが表彰されました
   
 役員改選があり、泉川 松木坂井の、杉本彰さんが、新居浜地区少年警察ボランティア協会 副会長に就任しました。

   会3   会4
     新役員                           研修中です

 平成24年度活動方針
1、非行少年を生まない社会づくりの推進
2、子どもの犯罪被害防止対策の推進
3、ネット社会のもたらす弊害から少年を守るための活動
4、非行防止ヤング3S運動を中心とした少年の立ち直り支援活動
5、家庭・地域における教育力回復のための支援活動
  「地域の子どもは、地域で守り育てる」
 決議文は、「声かけ運動」を推進すること推進等の発表がありました。

 研修では、声かけ実践塾のビデオを見ました。
 ポイントは、
1、挨拶から始める
2、自分の身分を話し、相手を安定させる
3、大人としての、気づかいで話す
4、少年との約束を守る
5、少年の言い分を聞き、アドバイスを送る
6、知りえた情報を漏らさない
これ以外もありましたが、主なポイントです。

        会5
          副会長に選任された杉本さんと

 少年非行概況を見ると、残念ですが、泉川の数値が高いことが気になりました。

 お疲れさんでした。

合唱コンクール
 7月30日(月)9:30~ 泉川小学校 福本校長を訪ねると、体育館で、NHK全国合唱コンクール 東予地区大会の練習していますから見学しませんかの誘いを受け体育館に行きました。

   会1   会2
    練習風景です                       部員は38名

 多くの先生も見学に来ていましたが、課題曲「空の歌から」を聞きましたが、素晴らしいハーモニーでした。

 校長先生から、先日と比べると格段に上手になっています。明日は優勝を目指して頑張って下さい。

 私も、コメントを求められ、素晴らしい音色でした。皆さんの実力を発揮すると必ず良い結果に結びつきます。
明日は、平常心で頑張って下さい。

 学校は、夏休みですが、頑張っている子どもの光景を見て大変たくましく感じました。

 明日は、頑張って下さい。
室戸少年自然の家
 7月28日(土)~29日(日) 室戸自然の家~サマーin室戸2012野外体験に泉川っ子25名、ボランティア8名で行って来ました。募集時は、泉川っ子30名の参加者でしたが、夏風邪、家事都合の方もあり、今回は25名の参加でした。

   会1   会2              
     室戸自然の家で注意事項の説明            高津さんから部屋割りと注意事項
      
 高津さんから、参加者の子どもたちに、室戸自然の家では、多くの地域から、多くの子どもたちも参加しています。「泉川小学校の子どもたちは素晴らしいですね」と言われるように次のことを守って下さい。
1、あいさつをしましょう
2、人の話を聞きましょう
3、みんなで仲良くしましょう
4、時間を守りましょう
5、一人での行動はやめましょう
6、危険な遊びはやめましょう
7、自然の家の先生の指示に従いましょう

 自然の家に到着すると、オリエ―テーションがありましたが、最初に、国立室戸青少年自然の家は、教育施設です。
奉仕、友愛、協同、規律を重んじています。施設は、「来た時よりも美しく」を心がけ使用しましょう。

   会3   会4
     クルージング注意事項の説明               船上です
     
 昼食後、太平洋にミニクルージングに出発しました。
 船上から、飛び魚を良く見ましたが、30分も走り沖に出ると、クジラに遭遇しました。子どもたちもびっくりです。クジラの背中からの潮吹きは見えませんでしたが、大いに満足のクルージングでした。

 その後、「かつおのたたき」を全員で参加、かつおをさばくことは、大変でしたが、みんなで作った「たたき」ですから「おいしい」の連発でした。

   会5   会6
    船上からの室戸岬                     かつおたたきの実習です

   会7   会8
    先生から、かつおのたたき講習             全員が挑戦

   会9   会10
      わら焼き中です                    大人もお助け

   会11   会12
     包丁で切りましたが?                 完成です

   会13   会14
     食事中                         全員でお礼

 20:30~星座観察を行いました。曇り空でしたが、月のクレータは見る事が出来ました。

 今朝は、朝のつどいの後、シュノ―ケリングを体験しましたが、参加者全員満足と言ってくれました。

   会15   会16
    国旗、所旗掲揚は泉川で担当              朝の挨拶は三島君から、立派な挨拶でした

   会17   会18
     朝食はバイキング                近藤さんから海の活動です、危険です。注意事項が発表

   会20   会22
    シュノ―ケリングの注意事項

   会21
    今日の昼食は弁当です

 今回の、室戸は、昨年より10名少ない参加者でしたが、人数に関係なく疲れました。ボランティアの方々も年齢が高くなってきていますからね。そして暑さ対策も必要ですね。
 早く、後継者を探さないと大変です。(笑)

 今回も事故が無く、全員無事で帰れて大満足でした。

 お疲れさんでした。

ブロック長会議
 7月26日(木)19:00~ 泉川公民館で、7月度泉川連合自治会ブロック長会議が開催されました。
 村上会長から、報告書が発表されましたが、今月も21回の行事参加でした。お疲れさんでした。

   会1   会2
     13名が参加                        村上会長

1、報告事項
2、とっておき新居浜検定試験のPR
 初級 日時:8月26日(日)10:00~
 中級 日時:8月26日(日)13:30~
 受験場所:新居浜商工会館 
 申し込み:8月20日迄 商工会議所まで

3、防災行政無線の2次整備の実施について
4、第17回全国お手玉遊び愛媛・新居浜大会の案内

5、平成24年度校区環境整備会議
 ・追加要望は、8月31日(金)まで提出
6、平成25年度コミュニティ施設等整備事業補助金申請予定調査
7、防犯活動推進事業交付金に係る防犯灯灯数把握の協力について
8、自治会実態調査に係る自治会館等の写真撮影について

   会3   会4

9、平成24年度新居浜市連合自治会役員研修会について
 日時:9月15日(土)14:00~
 場所:文化センター 中ホール
 内容:役員表彰
    記念講演
10、星原市について
 日時:8月19日(日)9:00から
 場所:星の宮神社
 自治会:そうめん流し担当
     詳しい役割分担は8月3日までに決める。
11、室戸青少年自然の家
 日時:7月28・29日(土・日)
 参加者:泉川っ子 子どもたち30名
 付き添いは、ボランティア8名
12、その他
 ふたば荘 夏祭り
 日時:8月1日(水)18:30~
 場所:ふたば荘
 集合:参加希望者は、18:20まで公民館に来て下さい。

 今夜も、多くの議題がありました。お疲れさんでした。

「社会を明るくする運動」泉川校区集会
 7月21日(土)19:00~ 泉川公民館で、「社会を明るくする運動」泉川校区集会が開催されました。

    会1   会2
     会場は泉川公民館                    村上実行委員長

社会を明るくする運動は、法務省が主唱で、過去に犯罪や非行をした人たちの更生を信じ、一人ひとりが「できること」を見つけ、具体的な行動を起こすことです。

   会3   会4
     会場です                           五東さんの発表
 
 今夜は、泉川小・中学校の生徒の作文発表がありました。
 子どもたちは、私たち大人のことを良く見ていますね。びっくりです。自分たちが出来ることをしっかりする。自分の住んでいる地域を自慢して友達の輪を広げる。一人ひとりが挨拶をする、声を掛け合う、顔見知りになるそして笑顔になる。そんな新居浜市にしたい。素晴らしい内容です。

   会5   会6
     高橋さんの発表                      作文発表者

 啓蒙ドラマの中で、子どもたちと信頼関係を作る事が重要と話されていましたが、子どもとの信頼関係は、即には出来ません。何年もかけて出来るものです。日頃の付き合いが重要ですね。

 新居浜署生活安全課 河野課長の話で、子どもたちの犯罪は大人顔負けと言っていましたが、大変困った時代になりました。しかし、一番は、親子の信頼関係が必要、愛情を持って育てて欲しい。

   会7   会8
    河野課長                            宣言文は高橋さんから

 新居浜商業の生徒会の皆さんも参加、一人ずつ感想を述べて頂きました。ありがとうございました。

   会10   会9
    講評は今西館長から                  閉会の言葉は森田さん

 今西館長から、作品の講評がありましたが、受賞者は時間の関係で帰宅していました。講評は、作文発表後に行えばよかったと感じました。少し残念でした。
 森田さんから、今夜の作文は、泉川社協新聞に掲載して各戸配布すると発表されました。
 大好き泉川HPにも掲載します。

 皆さんお疲れさんでした。 


公民館運営審議会
 7月20日(金)19:00~ 泉川公民館で、泉川公民館運営審議会が開催されました。

   会1   会2
    今西館長                       豊田会長

 今西館長から、交通安全協会主催の交通安全教室が中萩自動車教習場で開催され、実技講習を受けてきたが、自己流の運転の注意があり、安全運転の再確認になりました。
 また、泉川小学校の1年~3年の生徒を対象に交通安全教室を行った。岡山大学の橋本先生のコメントから、「通学以外の交通事故が圧倒的に多い。地域全体で事故に遭わないまちづくりを進める」事が重要と報告がありました。
 先日、泉川連合自治会が、国土交通省四国整備局の局長表彰をうけました。地域が11号バイパスに真剣に取り組んでいることが評価されたと報告がありました。

 豊田委員長から、皆さん暑さ対策に取り組み熱中症にかからないよう注意して下さい。今夜も忌憚のない意見をお願いします。

1、星原市
日時:8月19日(日)9:00~
場所:星の宮神社子ども広場
目的:青少年健全育成、ふるさとづくり
内容(1)、もち投げ 第1回目 10:00~ 子どもと高齢者
            第2回目 11:00~ 一般
  (2)、からおけ大会 通信からおけを利用して多くの皆さんの参加を待っています
  (3)、すもう大会 参加者:小学生
    今年は、参加賞も豪華賞品?を考えています。多くの参加者お願いします。
  (4)、催し物役割分担
   ・防犯協会 → 相撲大会
   ・老人会 → 受付、綿菓子他
   ・婦人会 → むしパン
   ・中PTA → バザー
   ・小PTA → バザー
   ・支部社協・民生委員 → チャリテイバザー
   ・星原市自治会 → チャリテイバザー
   ・体振 → 氷
   ・女性部 → 愛媛A-2販売
   ・こども支援部・自治会 → そうめん流し
   ・中学生 → 野菜販売

 詳しい内容は、次回運営審議会議で確認する。
  
2、その他

   会3   会4
     参加者の皆さん

 星原市は、マンネリになっている為参加者も少なくなっています。今夜は、委員の皆さんから積極的な意見もたくさんあり、新しい試みもあります。
 是非、多くの方に参加してほしいですね。

 お疲れさんでした。

まちづくり校区集会
 7月18日(水)19:00~ 泉川公民館で、泉川連合自治会、新居浜市の共催による、平成24年度泉川まちづくり校区集会が開催されました。

   会1   会2
                                    佐々木市長

 村上連合自治会長の挨拶の後、佐々木市長から、新居浜市の重点事業「地域防災と総合文化施設の整備」について説明がありました。

   会3   会4
     参加者約70名                      パワーポイントで説明

 その後、泉川校区の特徴ですが、8班に別れ「塾議ワークショップ」が行われました。
   
テーマは、
1、あなたにとって、生命とプライバシーはどちらが大事でしょうか。
・昔は、向こう3軒両隣で助け合って生活していた
・お互いが助け合う事が当たり前
・個人情報をはき違いしている。命が大事が当たり前
・自治会員名簿作成は必要

2、いざという時、災害弱者を支える仕組みはどんなものでしょうか。
・自治会加入率低下が問題
・災害援護者リストに登録をお願いする
・自治会に加入していない方にもお願いする
・災害弱者を多くの方で支えるシステムを早急に作る

3、地域の人間関係を強めていくために良い方法は何でしょうか。
・高齢者と若い人の会話が少ない
・学校のPTA役員をしていると地域活動に参加するが子どもが成長すると、地域との繋がりが無くなる
・太鼓台には青年の方が参加してくれる。その青年を地域活動に結び付ける
・自治会員ですと顔見知りです。自治会に入ってもらう事が重要です
・まず挨拶から始めよう
・自治会員でなくても声を掛け合う

各グループから以上のような報告がありました。

   会5   会6
     ワークショップ                       市長から答弁

 佐々木市長からも、個人情報とプライバシーについて話されましたが、例として、手紙の表書きは、個人情報、手紙の中味は、プライバシーと話していました。

 質疑応答は、介護保険料が四国で一番高い、サービス過剰でないか?
 市長から、今後3年間では大幅な値上げにならない努力します。の答弁でした。

 私は、介護予防の充実、近所での相互扶助が重要と思います。そのような地域づくりに頑張りましょう。

 お疲れさんでした。


国土交通省行政関係功労者表彰式
 7月17日(火)13:30~ 香川県高松市サンポート合同庁舎で、平成24年度国土交通省行政関係功労者表彰式がありました。

   会1   会2
    表彰式前の会長                      川崎局長から受賞
   
 泉川連合自治会の取り組んでいる、国道11号バイパス、アイロードの取り組みが高く評価され表彰通知を受け、村上会長と篠原が参加致しました。

   会8   会3
      記念写真                        村上会長

 表彰式後、建政部の石原課長補佐を訪問致しました。石原課長補佐は西条国道出張所所長の時、泉川連合自治会とアイロードの締結を行い、泉川が、今日まで活動が続けています。

   会4   会6
     感謝状です                        石原さんと一緒に

 常法建政部長も同席され、石原課長補佐の仕事の内容を聞いていますと、新居浜市総合文化施設の社会資本整備総合交付金の担当をなされたそうです。部長、課長補佐からも事業の遂行を、お願いされました。
 
 また、「新しい公共」で、塾議を行いましょう。場所日時設定でお互い前向きに検討します。

 その後、経済産業局 地域経済部 地域経済課にも立ち寄り新居浜経済の活性化について話を行いましたが、継続して行う、次回は、地域経済課から、新居浜を訪問する事を確認して別れました。

 ありがとうございました。

「森のあるまちづくり」をすすめる会
 7月17日(火)9:00~ 泉川公民館に、「森のあるまちづくり」をすすめる会、伊予銀行広報CSR室、三浦さん、松本さんが見えれ、泉川まちづくり協議会が取り組んでいる、国道11号バイパス中央分離帯での「森づくり事業」の聞き取り調査に見えられました。

   会1   会2
    三浦さん 松本さん                   会議中

 泉川公民館今西館長、まちづくり協議会藤田会長、篠原、行政から関課長が参加してくれました。
 今までの、国道11号バイパスでの取り組みを資料で説明しましたが、植栽した木が大きくならない等の悩みも発表して今後どのように進めていくことが良いかについて話し合いを行いました。

   会3   会4
     国道11号バイパス中央分離帯に移動        交通障害にならない高さの木が良いね

 現場に移動後は、どのような木を植えるか、土壌改良は必要等多くの意見が出ました。

 伊予銀行の三浦さん、松本さんは帰社後検討したいと申していましたが、是非、良い結果につながる事を期待しています。

 お疲れさんでした。
泉川まちづくり協議会総務部会
 7月15日(日)19:00から総務部会が開催されています。村上総務部会長の進行で最初に藤田まちづくり協議会会長のあいさつ、以後、12日(木)開催された定例会の報告が各部会から次のようにありました。

        CIMG2823_20120718100257.jpg 
 
 総務部会からは、6月15日以降、今日までの活動報告が前段にあり、また18日に開催予定のまちづくり校区集会、21日に開催予定の社会を明るくする上部東部校区集会への参加等々の依頼があった。

 健康づくり部会から、ゴーヤ料理教室を8月25日(土)に泉川っ子教室で取り組みたい。懸案になっている食育の講演の件については10月ごろに開催を保健センターに相談をしているとのこと。12月1日(土)にはウォーキング大会を予定しているが、カード等少し工夫をして実施したいと考えている。万歩計とラジカセを購入予定である。 

 生涯学習部会から、14日(土)開催したふるさと塾参加へのお礼と8月21日(火)開催予定である「目かウロコが落ちる~健康と美容の基礎知識~」と題した星原林の自治会長篠原氏の講師紹介と参加依頼があった。後、9月に石見銀山のお話、10月に子どもの育成に関したお話等を予定しているとのこと。

 安全・安心部会から、7月11日に小学校で開催した1~3年生を対象とした交通安全教室について、愛媛新聞などの記事を交えながら報告があった。また、今年の大きな活動目標の一つである防災グッズ(非常時持ち出し品)の販売を行う。3日間程度の自給品、備えが必要ではないかと思うのでぜひこの機会に検討して欲しい。次に安全マップのまち歩きは、10月20日(土)に変更になっている。後、これまでのまち歩きの中で改善された箇所の説明報告がなされた。

 地域福祉部会から、四国中央市社協が取り組んでいるマイネットワーク、身近な人に応援をしてもらう仕組みを只今学習し、少しでも良いものがあれば取り入れたいと考えている。その研修会が8月27日にある。また、7月の13日(金)地域ケアネットワーク協議会の定例会でプロジェクターによる放映説明と介護保険料の内容で市役所藤田所長による説明などを受けている。今後も定期的に学習をしていきたい。

 環境美化部会から、「三浦 保基金」の補助額決定(495,000円)と岸の上の廃屋の取り壊し、花の植栽等々について報告があった。他、年間2回実施している不用品回収について8月号の泉川だよりでお知らせするが、今年度は時間が取れないこともあってお盆終了時の8月26日(日)に実施したいと考えている。

 子ども育成部から、通学合宿(7月8日~12日)までの4泊5日、今年は1日増やして災害時における避難訓練等、非常食の体験と消防署から2名の講師による東日本大地震のボランティアの体験話をプロジェクターを使用して行った。また、この7月28日~29日は室戸青少年自然の家において大自然と直性触れ合える活動に参加を予定、泉川っ子たち30名位を予定している。他、星原市の内容など意見交換を行っている。

 以上、各部から定例会での報告、お願い、今後の日程などの説明等々がありました。後、森のあるまちづくりを進める伊予銀行の補助事業に対し、バイパス中央分離帯の補植ができないものか検討に入っている。他、グループ・サークル部会の現況などの質問があり、もうすでに部会長の選定まできているので早急に会を持って決めていきたいと事務局より報告があった。
 総務部会員の皆さん、お疲れ様でした。


国道11号バイパス環境美化作業
 7月16日(月)6:00~ 国道11号新居浜バイパス東台神社前の草刈りを仲間と実施しましたが、7月12日には、新居浜商業高校の生徒のみなさんが、中央分離帯の草取りを実施してくれました。お疲れさんでした。

   会1   会2
    草刈り前                           草刈り後

   会3   会4
    子どもの通学路です                     草が枯れた後、片ずけます

 国道11号新居浜バイパス多くの方に支えられ、美しい道路を維持することが出来ています。

   会5   会6
    中央分離帯も草刈り完了です
 
 まちが美しくなれば、犯罪も無くなり、子どもたちの心も素直になると思います。
 環境を整え、「大好き泉川」の子どもが増えることを願っています。

   会7   会8
     中央分離帯 樫の木の下も草刈り完了です

   会9   会10
     交差点には、ブルーサルビアを植えています         花壇にはジニアを植栽

 今日も、皆さんに感謝です。
防災学習会
 7月14日(土)13:30~ 神郷公民館で、北淡震災記念公園(野島断層保存館)副館長 米山正幸氏を迎え「防災学習会」が開催されました。

   会1   会2
     永易館長の挨拶                    約100名の参加者です

 講師の米山さんは、平成17年の阪神淡路大震災時、自らの消防団員としての体験や当時のまちの様子、地域住民がどのように行動したかについて、多くの場所で語り伝えています。

   会3   会4
    米山さんマイク無しで講演です              熱い語り口に会場も静粛です

 神郷公民館には、約100名の皆さんが集まっていました。
 永易館長の挨拶の後、
 講師の米山さんから、自宅で妻と2カ月の長女と寝ている時、地震発生、電子レンジが2m先まで吹っ飛び、テレビも床に転倒、食器棚は倒れ、食品や調味料が入り混じった異様な臭いに自宅が包まれていた。
 その後、地元の消防団員として救助、救援活動にあたった体験を具体事例を挙げながら説明されました。

 体験談から、
・北淡町は(現淡路市)人口11,000人ですが、隣近所の繋がりが強く、565名の消防団員に加えて、500名の消防団OBも総掛かりで救助、救援活動にあたった。

・地震が午前5時46分に発生でしたから、住民が自宅で被災したため、誰がどこで暮らしているかお互いに解っていたため安否確認は早く出来た。

・震災発生の当初は、被災者同士も互いに助けあっていたが、プライバシーの無い避難所での生活が長引くとストレスもたまり、自己中心的な行動をとる人が出始め、さまざまなトラブルが発生した。

・避難場所は、行政設営と自治会や消防団などの地域自主運営のものが3か所あったが、行政運営より地域運営のほうがうまく運営ができた。
 その理由は、行政には被災者は遠慮無く求めてしまうが、地域が自主的に運営した避難所では、被災側、救援側が互いに理解を持って当たることが出来たため、うまく運営できたと思う。

・ボランティアで大切な事は、代わりをするのではなく、自立を支援することが重要。

 被災体験の事例には、「災害発生時には地域の繋がりの強さは最大の対策」を実証しました。

   会5   会6
    垣生公民館岡部館長挨拶                    参加者は45名です

 防災対策は、自らは自分で守る「自助」地域の連携などで互いに助け合う「共助」行政などによる救援の「公助」があります。いつ起きてもおかしくないと言われる「東南海地震」が発生した場合は、行政が機能を取り戻すには、約3日間要すると言われています。
 災害による被害を最小限に止めるためには、地域コミュニテイが機能する、「自助」と「共助」が最大の鍵を握ります。日常の地域の繋がりについて考え直す講演でした。

 その後、垣生公民館、泉川公民館でも講演して頂きましたが、熱い語り口で解りやすく話をして頂き聴講者の皆さんにも大好評でした。
 消防署の職員さんも、地元会場に参加してくれていましたが、お互い顔見知りになることが重要です。
 ありがとうございました。

   会7   会8
    泉川公民館 参加者35名                 藤田会長から謝辞の挨拶

 米山さんありがとうございました。

ケアネットワーク推進協議会
 7月13日(金)19:00~ 泉川公民館で、泉川地域ケアネットワーク推進協議会が開催されました。
 ケアネットワーク協議会豊田会長の挨拶、ふたば荘の白石施設長の挨拶がありました。

   会1   会2
     参加者は約50名                    司会はふたば荘 山本さん

 白石施設長から、四国電力から計画停電の説明があり、停電時の対応お願いしますと連絡がありました。国会では、社会保障と税の一体改革が議論になっていますが、全てが私たちの暮らしに直結する無関心ではダメですよと話されました。

   会3   会4
     豊田会長                       ふたば荘 白石施設長

 講師は、ふたばの森管理者 高橋さん、演題は「認知症の人の理解(症状と対応)」認知症の人の心理状態のDVDを見ながら参加者の皆さんと話し合いを行いました。

認知症の方は、
・自分自身が判らない
・何が判らないか判らない
・こんな私でも生きていても良いか
・判っているのに出来ない 

介護者への望み
・悲しいことは必要以上に感じる
・たずねないで下さい
・人の愛情を感じる
・突然言われたら
・皆さんも認知症の勉強をしてほしい

介護者のストレスについて
・孤立がち(周囲に言えず)
・自分の時間が取れない
・先の見えない介護に不安
・得体のしれない認知症と言う病気のおびえ

私たち(地域)に何ができるだろうか
・気にかける
・専門医に相談する
・家族は24時間対応です。施設に早く相談するアドバイスもあれば
・85歳以上は4人に1人が認知症です
・認知症の勉強をしておく
これ以外にも多くの事がありました。

      会5
         藤田所長

 新居浜市地域包括支援センター 藤田所長から、介護保険料の説明がありました。
介護保険料改定され基準額は、6,247円となり四国で一番高額です。
大幅改定となった要因に対し、参加者から、多くの意見がありました。

 今夜実施したケアネットワーク推進事業以外でも、介護予防教室を、自治会等を通じて、もっともっと全市に広げていくことが重要ですね。
介護予防に取り組み、「健康で長生き」に心がけ、介護保険を使わなくても良い生活が重要ですね。

 お疲れさんでした。

読み聞かせ教室
 7月13日(金)8:00~ 泉川小学校で低学年読み聞かせ教室が実施されました。

   会1   会2
     皆さん予行演習です                     1年竹組さんと

 今日は、1学期最終日でしたが、鈴木さん夫婦、今西さんは全て参加していただきました。

   会3   会5
     1学期全て参加の、鈴木レイ子さん               高津主事さん

 私は、1年竹組での読み聞かせでしたが、子どもたちは、机をかたずけ座って待っていました。記念写真を撮ってから、読み聞かせを始めると真剣に聞いてくれ大変充実した時間でした。

   会4   会6
     大型絵本での読み聞かせです                   直野さん

 2学期は、もう少しメンバーを増やし、読み聞かせの本も増やしていければと思っています。

 お疲れさんでした。
第3回ワクワク泉川っ子通学合宿
 7月8日(日)16:00~ 泉川公民館・泉川まちづくり協議会主催の、第3回ワクワク泉川っ子通学合宿が、泉川公民館で始まりました。

 通学合宿って何?
 家庭から離れ、泉川公民館で共同生活しながら通学します。
 自分たちの力で生活体験することで自立し、お互いの立場を理解し助け合う心をはぐくむことを目的としています。
 今回は避難生活体験も行います。

期 日:7月8日(日)~7月12日(木)4泊5日
場 所:泉川公民館
対象者:小学5・6年生
募集人員:15名

16:30~開所式を開催しました。
   
   会1   会3
   開所式                        藤田会長挨拶
   
 まちづくり協議会の藤田会長の挨拶、篠原からも、通学合宿の意義等を話しました。
 高津主事さんから、日程の説明、注意事項の話がありました。
 参加した、子どもたちとは顔見知りの方も多くいますが、厳しく対応しますと話されていました。
 
 また、地域の方が、子どもたちの活動を支援することで、地域全体で子どもを育む意識を高めることができます。

   会4   kai 5
     リーダーに選出された高橋君   

 今回も、朝食・夕食づくりのボランティアさんも来てくれますが、多くの地域の方の支えで事業が行われています。

 是非ご支援・ご理解願います。

大好き泉川
 7月8日(日)8:00~ 7月度の「大好き泉川」が開催されました。

   会1   会2
    今朝も25人が参加してくれました

 今朝も、公民館には多くの仲間が集まり、国道11号バイパス、県道のごみ拾いに行きましたが、空き缶他のごみが確実に減ってきています。

 誰かが拾ってくれているのか、それとも通行中の皆さんがごみを捨て無くなったのでしょうかね。
 しかし、大変良いことです。もう少しするとごみの無い道路になりますね。頑張ります。

          会3
         小学5年生の山内君 おじいさんさんと参加してくれました

 お疲れさんでした。
読み聞かせ教室
 7月6日(金)8:00~ 泉川小学校で低学年の皆さん対象の読み聞かせ教室を行いました。
 今日も、読み手8名の方が集まり1・2・3年生の教室で行いました。

   会1   会2
    大型絵本です                      2年松組さんと一緒に

 私は、2年松組に行きましたが、近所の子どもも居て、おいちゃん知っていると言ってくれましたよ。
 絵本は、大型絵本「くものす親分とりものちょう」です。凄くきれいな絵本ですから、子どもたちが真剣に聞いてくれていることが良く分かります。

 子どもたちが、先生から感想を求められると、面白かった。絵がきれいだった。みんな仲良くしないといけない等の発表がありました。

 2年生には、少し幼稚かと思いましたが、大型絵本が子どもたちに受け入れられました。

 お疲れさんでした。

地区別懇談会
 7月4日(水)19:30~ 泉川校区川東地区の地区別懇談会が、東田自治会館で開催されました。
 参加者は、地域、PTA、小・中学校教職員、市役所職員、約30名が参加して下さいました。

   会1   会2
    参加者約30名                      飯田先生が進行役

 泉川小学校の飯田先生の進行で始まり最初に「街かどから」のビデオを全員で鑑賞してから、3グループに別れて討議しました。
 私たちのグループでは、
・若い人から、大人は最初から、話を決めつけているが、話し合いの中で若者の意見を聞いて欲しい。
・地域社会が若者を受け入れると地域が活気づく。
・髪、格好が違う、文化、風習が違うと偏見で見ている。外見で判断することが多い。
・子どもの頃から、思いやりと感謝の気持ちを育てることが重要
 他のグループの発表では、
・挨拶が大事、日々のコミュニケーションの基本です。
・地域活動は活発ですが、一部の人が行っている感じがする。多くの方が参加できる雰囲気をお願いします。
・見た目で判断はダメそのためつながりを作る。しかし個人情報が漏れる。

 最後に、泉川小学校曽我教頭から、日頃から思っていること、「話した言葉に責任を持つ」で話されました。
自分が話したことに責任を持ちそして行動する事を心がけていると話していましたが、難しいですよね。
私も、肝に銘じておきます。

   会3   会4
     3グループに分かれてワークショップ        曽我教頭から総括

 偏見と言いますと、先日、鼻ピアスをしている方を見て、話をする前に、即「ダメな人」と思いました。
しかし、話をすると、礼儀正しく、アメリカでの生活が長くピアスもファッションと聞きました。
反対に、私の考えが保守的と思い反省でした。

 今も、多くの偏見、差別が残っていますが、私たちの生活の場である地域社会は、日常出会う人々を通して、善悪の判断や生活習慣を身につけていく重要な学習の場であります。
お互いの人権を尊重する意識や相手を思いやる心をはぐくむことが大切ですね。

 お疲れさんでした。
 
光明寺自治会「般若入れ」
7月1日(日)8:30~ 光明寺自治会会館で、光明寺自治会主催の「般若入れ」が行われました。
光明寺「般若入れ」は、7月の第1日曜日を定例で行っています。
 隆徳寺から、副住職の仙波さんが見えられ、お経を唱えてくれました。

   会1   会2
     仙波副住職                        約50名の参加

 「般若入れ」は自治会内の辻辻に祈祷札を立て結界を作り、町内の平安と護国豊饒を祈願して、自治会の人たちが、大般若経六百巻を担ぎ、掛け軸のお不動さん(不動明王)持って、半鐘をけたたましく鳴らし塩水を打ち、ナンマイダー、ナンマイダ-と、かけ声とともに町内中の一切の魔を追い出しながら各家の玄関先まで行きます。
 玄関先では大般若経典の下をくぐったり、掛け軸のお不動さんで肩や腰をたたいてもらい病気平癒、厄難退散を祈ります。

   会3   会4
      田坂会長の声で出発               篠原と、修さんがお不動さんを持って回りました

 お経が終わるころには雨も上がり、田坂会長から、交通事故に注意してお願いしますと挨拶があり元気よく出発していきました。
 参加者は、青年団とは言えませんが、元気よく部落内を回りました。

   会5   会6
    子どもと一緒に家内安全を祈りました           自治会館で懇親会

 自治会館では、参加者の皆さんとビールを飲みながら歓談致しましたが、伝統行事を無事終えた、心地よい気分でした。

 皆さんお疲れさんでした。



プロフィール

大好き 泉川

Author:大好き 泉川
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



最新記事



最新コメント



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター