大好き 泉川 ブログ
「大好き 泉川」の活動などを紹介していきます。
泉川小学校読み聞かせ他
 2月28日(金)8:00~ 泉川小学校で、低学年読み聞かせ教室があり参加致しました。
 私は、3年梅組を担当、本は「中をそうぞうしてみよ」です。この本は、大分県職員の縄田さんから推薦された本です。
 内容は、表紙にあるように、木のイスが用意され、『この いすには、たくさんの くぎが つかわれている。
なんぼん ささっているか そうぞうしてみよ』と問い掛けられます。

   1   2
    中をそうぞうしてみよ                         エックス線写真もあります                     

 イスを外側から見ると、釘が力学的に構造的に必要なところにあることが見えています。
 絵本では、めくるとエックス線写真が示されます。これで皆さんが確認することが出来ます。

   3   4
     全員真剣に聞いてくれています           問いかけにも確実な答え

 子ども達を見ていると、集中してくれていることが良く判りました。絵本の魔術?凄いですね。

 今日は、福本校長先生から、子ども達との給食の誘いがあり参加です。

   5   6
   子どもたちが迎えに来てくれました             今日は、チキンライスです。

 私と、今西さんは、1年松組に参加しましたが、子ども達からは大歓迎を受けました。

   1   2
    1年松組さんと一緒に食べました                   参加者と反省会

 今日も、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 ありがとうございました。

泉川小・中学校連絡会
 2月27日(木)18:30~ 泉川公民館で、泉川小・中学校連絡会が開催されました。
 今夜も、小学校・中学校の校長、教頭、先生、小・中PTA役員、そして、公民館、民生委員、地域から、また、新居浜市のPTA役員さんも参加して下さいました。

   1   2
    参加者の皆さん

 泉川中学校から、
1年生 インフルエンザに感染している子どもいるが、元気に頑張っています。
    「働く人に学ぶ」地域の方から講演して頂いた。ありがとうございました。
2年生 落ち着いて学習に取り組んでいます。先日の少年式では、地域の方も参加して盛大に開催することができた。
    不登校生も何人かいるが、気長に指導します。
3年生 受験も、県立高校の受験を残すのみとなりましたが、子ども達も希望校に合格出来ると思っています。
    今年は、推薦入学の生徒が多く、学校としての実力がついてきています。
    不登校生もいるが、今後の進路を相談しながら進めます。

 泉川小学校から、
 携帯電話の、アンケート調査を5・6年生対象で行ったが、約4割が保有していました。使い方を家庭で指導願う。
 先日の、マラソン大会では、交通整理を地域の方がボランティアで参加頂いた。ありがとうございました。
 中学校の先生が(2名)小学校で授業を行ってくれたが、子ども達は楽しい授業でした。

 公民館から
 平成26年度、コミュニテイカレンダーを、学校と協力して作成しています。楽しみにしておいて下さい。

 小学校校長から
 泉川小学校は、上部地区では一番落ち着いた学校と警察から報告がありました。うれしいです。
 中学校の生徒会が来て、中学校のルール説明をしてくれました。6年生も素直に聞いていました。
 自転車に乗る時ヘルメットをかぶっていない子どもがいますが、必ずヘルメット着用をお願いします。

 中学校教頭から
 3年生の進路が少し心配ですが、頑張っています。盛りたてて行きます。

 今夜は、新居浜市のPTA連合会の橋川会長から「健康危機管理について」~保護者が今知るべきことは~で講演がありました。

   3   4
      橋川会長から、パワーポイントで説明がありました。

 健康危機管理と性教育のあり方で話して下さいました。
 何故性教育が必要なのか?日頃、私達が、タブーと思っていることを話されましたが、正しい認識が必要ですね。
 
 PTAでは、今後も多くの場所で、講演すると言っていましたが、機会があれば参加してみて下さい。

 お疲れさんでした。

2月度ブロック長会議
 2月26日(水)19:00~ 泉川公民館で、2月度泉川連合自治会ブロック長会議が開催されました。
 村上会長から、2月も多くの行事がありましたが、皆さんの協力で無事進めることが出来ました。ありがとうございました。

議題

1、報告事項
1月29日 福島県浪江高校の皆さんが新居浜商業訪問、松木坂井太鼓台が出場して新居浜文化を披露する
2月9日 香川県高松市のみたに駅伝に参加
2月19日 新居浜市連合自治会総会
2月20日 先進地研修 高知県梼原町

2、防災講演会
日時:3月23日(日)10:00~12:00
場所:コミュニテイ防災センター(消防署4階)
演題:震災に生かされた日頃の備え
講師:吉田亮一(消防庁防災アドバイザー)

3、自治会加入促進街頭キャンペーン
日時:3月 8日(土)11時から11時40分
場所:マルナカ本店(上泉町)

4、自治会所有の防犯灯LED化に係る委任状の提出

5、地域コミュニテイ再生に伴う事業について

6、公民館を中心とした社会教育活性化支援プログラム事業報告会
日時:3月9日(日)13:00~16:00
場所:泉川公民館
内容:
①概要説明 今西泉川公民館館長
②モデル事業の報告
 ・いきいき年輪塾
 ・傾聴
 ・サテライト事業
 ・歩け歩け体験
 ・読み聞かせ教室
③講演会
 講師:糸賀 雅児 慶応大学教授

④今西館長から来年度に向けての活動計画発表
⑤伊香賀俊冶慶応大学教授から総評
⑥健幸決意表明

7、ふるさと塾
日時:3月18日(火)19:00~
場所:泉川公民館
講師:福本教次泉川小学校校長
演題:校長先生の四方山ばなし
   福本校長、3月で停年です。学校生活での、思い出を話してくれます。
   皆さん、是非ご参加下さい。

8、その他

 今夜も、多くの項目の発表がありました。皆さんのご協力お願いします。

 お疲れさんでした。


大好き泉川っ子体験教室
 2月22日(土)10:00~今日は公民館体育館で「新聞紙で遊んでみよう体験」教室でした。泉川っ子たち、28名の参加でした。

  P2220270.jpg    P2220268.jpg

 見開きの新聞一枚を使って「長~く長~く」切れればそこで終わりです。ただひたすらに細長いひも状に破いていくだけです。中には10メーター以上長くしていました。「僕はタコ?」

  P2220285.jpg    P2220288.jpg

 何枚か重ねて棒状にし、床に立てて自分の額を当てて10回まわって「よーいドン」なかなかまっすぐは走れません。ほとんどの子どもたちは、斜めに走っていきます。
 50センチほどの新聞紙をしっぽにして「しっぽ取りゲーム」です。

  P2220281.jpg    P2220293.jpg

 新聞紙でも結構遊べるんですね。ゲームのほかにメキシカンハットやアーミーキャップなども作りましたね。1時間半ほど新聞紙でで遊んだもんだから子どもたちの手は黒くインクで汚れていました。水で洗えば落ちるからね。
 新聞紙はは大事な資源の一つです。体育館には細かくなった新聞紙がいっぱいでしたが子どもたちで後片付け、しっかりと資源ごみとしてリサイクルしましょ。「ほんとによく遊んだ」

 

健康長寿を実現する住まいとコミュニティの創造IN梼原
 2月20・21日 14:30~ 高知県梼原町 梼原町保健福祉支援センターで、科学技術振興機構(JST)
「健康長寿を実現する住まいとコミュニティの創造」PJ高知県梼原町サイトビジット 進捗報告会があり、泉川からも、今西館長、藤田まちづくり協議会会長、原田安全・安心部会長、篠原が昨日から、今日は、平岡老人会長、森田社会協議会支部長他8名が参加致しました。

   1   2
    伊香賀先生の挨拶                      参加者は、大学の先生が多いです

 最初に、梼原町における健康長寿の取り組みが発表されました。
 梼原町には、保健推進員制度がありました。(長野県の保健補導員制度とよく似ています)
 健康文化の里づくり保健推進員制度
目的
健康に対する自己意識を高めると共に「自分たちの健康は自分たちで守ろう」とする地域ぐるみの積極的な健康意識の普及に努め、家族や地域とのふれあいや支え合いを大切にして健康を基本とした地域づくりに寄与する。
任期・推薦
3年間の任期で再任は妨げていません
任務
・健康づくりや地域のふれあい活動
・研修会の参加
・検診受診勧奨
・家庭や地域への生活習慣改善予防活動
・各区の相互交流活動
・高齢者や障害者への声かけ活動の推進
・生きがいやデイサービスなどへのボランティア活動
等多くの事業を行っています。
特定検診の受診率が73,3%と高知県では一番高い。
今後も、受けたくなる検診を目指すと話されていました。

   3   4
    泉川校区の活動も発表しました

伊香賀先生から、プロジェクト進捗状況が発表されました。
泉川校区の発表もあり、ワークショップ、講演会、歩きたくなるマップの報告もありました。

岩手県におけるお元気発信における高齢者のみまもり 岩手県立大学 小川教授から発表がありました。

   5   6
 夜は交流会です。梼原の山菜料理が多くありました  梼原病院の院長の余興に、伊香賀先生も参加です

21日 9:00~ 梼原町役場で、矢野富夫町長と「健康寿命」について意見交換を行いました。

   1   2
      梼原町役場で                      矢野町長と

 
その後、梼原学園(小・中一貫校)で木造校舎見学、子どもの時からの健康づくりについて意見交換会を行いました。

   1   2
     教育長、校長と懇談会                    学校見学
   
   3   4
      梼原町の皆さんの手づくりです              おいしい料理でした

 午後は、泉川の皆さんも参加して、岩手県立大学 社会福祉学部 小川晃子教授から、「今日も元気」みまもられ上手は長生きの秘訣、について講演がありました。

   5   6
    小川先生

 見守りが必要になる背景
・長寿化
・高齢化
・ひとり暮らしや、高齢夫婦のみの世帯が多くなった
・「普段は元気」、でも「何かあった時に気づいてもらえないのではないか」と心配

 見守り上手さん
・自分で「今日も元気です」と知らせる。近所への声かけ、外出時の声かけ
 声かけがない時、見かけない時は、「あらっ、今日はどうしたのかな?」と思ってくれる。
・具合が悪い時や困った事がある時は、早めに知らせる
 重篤な事態を防ぐことができる
・緊急通報 時々ためしてみる。 語法を恐れない
・お元気発信 ためしてみて下さい

先生からは、判り易い講演でした。
出来ることは、取り入れたいと思っています。

知らないことが多くあり、大変貴重な、セミナーでした。出来ることから取り入れて行こうと思っています。

   3   4
    伊香賀先生、泉川の皆さんと                  慶応大学の皆さんと

お疲れさんでした。


公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム
 2月13・14日11:00~ 東京都国立オリンピック記念青少年総合センターで、文部科学省事業、平成25年度「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」採択団体事業成果発表会が行われ、泉川公民館 今西館長と篠原が参加致しました。

   1   2
      今西館長                            篠原

 全国から、126件が採択され、初年度の成果を確認・評価、来年度の事業計画を発表して、来年度の採択の判断材料の成果発表会です。

   3   4
     審査委員の先生の挨拶                      会場です

 泉川公民館では、公民館を拠点にした高齢化社会克服プロジェクト~地域ぐるみで健康寿命を延ばし、介護保険料を減らそう~に取り組んでいます。

1、この事業に取り組んだ背景は何か。 → 高い介護保険料、医療費 → 解決は社会教育の手法、公民館の出番
2、私達の考える社会教育 学習+実践
3、泉川の弱み ①地域福祉の活動が前例踏襲 ②団体の縦割り意識が強い ③受益者感覚が強く行政依存体質
4、地域の現状を知るためアンケート調査 → 慶応大学の支援あり
5、基礎基本を学ぶ ①健康・福祉に関する知識の習得 ②先進地事例の調査研究
6、熟議で、方向性を決める ①ワークショップ ②スローガンを決める

7、今年の実践は4つのテーマ
 1)健康づくり EXウォーキング 身近な散歩道 EXウォークと健康の影響調査実施
 2)生きがいづくり いきいき年輪塾 学校支援地域本部 花いっぱい運動
 3)居場所づくり 食事をしながら交流会 振り込め詐欺寸劇 認知症予防体操
 4)話し相手づくり 傾聴ボランティアの養成と活用 歳末助け合い運動でふれあいの場
8、評価と情報の周知
 1)評価委員会の開催
 2)年次報告と次年度への決意表明会
 3)健幸づくり新聞の発行
9、今年度の成果は
 1)自前主義から脱却する気持ちの芽生え
 2)大学との新しい関係性の構築
10、この事業の波及効果な何か
 1)老人会の活動が活性化
 2)子どもも地域の一員という認識が定着
 3)国道バイパスがより美しい道路になった
 4)公民館活動に参加する住民が増加した
 地域力の向上

11、課題
 1)住民に活動趣旨を周知することの困難さ
 2)新規リーダーの育成と登用が重要
 3)行政や関係機関とのネットワーク構築
 4)女性の参画・参加が少ない
 5)対象限定型から、戦略型事業への転換
12、来年度に向けて
 1)EXウォーキング活動の普及 一日8000歩
 2)多様な手法で健康寿命延伸に取り組む
 3)孤独な高齢者ゼロの泉川づくり
 4)介護保険料や健康保険料の動向把握 
 5)学習と実践を連動させたモデル事業提案
 6)「健幸長寿の泉川」の住民宣言
で発表致しました。

 審査委員の先生から、何点か質問がありましたが、現在活動を行っている範囲で回答させて頂きました。
今後、審査結果が発表され、来年度も継続して活動が行えるか大変貴重な会合でしたが、無事終了することが出来ました。

 14日は東京は、大雪でしたから、羽田空港の滑走路も一時閉鎖したため、羽田空港大混雑、どうにか飛行機に乗れましたが、離陸まで、約3時間飛行機の中で缶詰め状態でした。
 
 発表よりこちらの方が、疲れました。

愛媛マラソン
 第52回愛媛マラソンが、2月9日(日)松山市で開催され参加者は、過去最多の8236名が参加され開催されました。
 泉川公民館活動を一緒に行っている、藤田憲明さん(大好き泉川)が、435位 タイムは、3時間12分16秒でした。

     1

 また、泉川校区から、下泉の、神野幸彦さんは、892位 タイムは、3時間29分25秒でした。

     2

 寿町の、古川拓哉さんは、1461位 タイムは、3時間51分37秒でした。

     3

 皆さん、お疲れさんでした。
2月度 泉川まちづくり協議会
 2月12日(水)19:00~ 泉川公民館で、2月度まちづくり協議会が開催されました。
 いつもの通り、健康づくり部会の皆さんのリードで泉川健康体操を行ってから会議です。

   1   2
    全員で健康体操                        安全・安心部会

   6   3
    生涯学習部会                          子ども部会                          
 私は、生涯学習部会に参加、2月度は行事予定はありません。
 3月は、「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」の報告会を、
・日時:3月9日(日)13:00~
・場所:泉川公民館
・内容:活動報告
    講演会 講師 糸賀 雅児 慶応大学教授

 泉川小学校 福本校長からの話
・日時:3月18日(火)19:0~
・場所:泉川公民館
・内容:教員生活を通じて、地域・家庭の子育て

2月度の、ふるさと塾はありませんが、3月は2回計画しています。
宜しくお願いします。

   4   5
     健康づくり部会                         地域福祉部会

 今夜は、参加者が少なかったですが、寒さの影響もあるのでしょう。

 明日から、今西館長と私は、国立オリンピック記念青少年総合センターで、平成25年度 「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」の成果発表に行って来ます。
 大変緊張しますが、頑張って来ます。

 お疲れさんでした。



第7回みたに駅伝大会
 2月9日(日)7:30~ 泉川公民館を出発、高松市 三谷地区コミュニテイ協議会が主催 高松市・高松市教育委員会が後援する、第7回みたに駅伝が、高松市南部運動公園で行われ、大好き泉川っ子A・Bチームが出場致しました。

   1   2
   雪の影響で高速道路はガラガラです                会場です

 高速道路は、昨日の雪の影響で、さぬき豊中と善通寺の間は通行止めとなって11号線を走りましたから、9時30分の開会式に間に合いかねました。

   3   4
  大西市長の挨拶 市長から参加のお礼と、日頃の交流に対するお礼の言葉がありました

 みたに駅伝は、三谷町の三郎池を2周する全8区(約9、34K)です。

   6   1
     中継点でタスキ渡しです

 泉川からは、第2回大会から毎年参加、一度は優勝もしたことがあります。
 今年は、ソウトボールチームとサッカーチームから選手をだして下さいました。
 成績は、大好き泉川っ子Aチームが13位、Bチームは30位でした。

   4   5
    閉会式                         集合写真

 子ども達は、寒い中歯を食いしばって頑張って下さいました。

 お疲れさんでした。
泉川公民館運営審議委員会
 2月7日(金)19:00~ 泉川公民館で2月度泉川公民館運営審議委員会が開催されました。
 今西館長から、先日、泉川中学校で行われた少年式では、地域の方も参加され、農業体験の発表、もちつきと盛大に開催出来たと報告がありました。

   1   2
     今西公民館館長 平岡公民館運営審議会長

 また、藤田泉川中学校校長からも同様のお礼がありました。
 地域と学校が協力することにより、子どもたちが健全に成長してくれますね。ご苦労さんでした。

議題

1、平成26年度活動計画(案)について
 少し、検討の必要な個所がありました。再度見直します。

2、先進地研修
・行先 高知県梼原町 
・視察 健康長寿の取り組み視察
・日時:2月21日(金)13:00~14:30
・講師 岩手県立大学 小川 晃子教授
・演題 在宅高齢者の健康活動
・参加費 2千円
・参加希望者は、2月10日迄公民館に申し込んで下さい。

3、泉川公民館が取り組んでいる「地域ぐるみで健康寿命を延ばし、介護保険料を減らそう」のスローガンは、

 ・気は若く杖に頼らず頭かくしゃく 九十と言わず百まで生きる 健康長寿の泉川

 ・生きる我らは永遠に若人 健康長寿育む泉川

 の二つに決まりました。

   3   4
    公民館運審委員の皆さん

4、新居浜市公民館研究大会
・日時:3月1日(土)9:40~12:00
・場所:新居浜市市民文化センター 中ホール
・講演 震災3年目の公民館の使命
・講師 NPO法人 教育支援協会 吉田 博彦 先生

5、泉川中学校から
 家庭に眠っている、お雛さんを寄贈してくれませんか。
 校長先生、学校に飾ります。
 2月末頃まで、泉川中学校か公民館に連絡下さい。

 高知県梼原町には、私達の顔見知りの、慶応大学 伊香賀俊治教授、首都大学 星旦二教授、慶応大学 鈴木昌医学部講師他多くの慶応大学の学生さん方が参加されます。是非参加されませんか。

 お疲れさんでした。

鬼北町 日吉小・中学校区コーディネーターが視察に見えられました
 2月6日(木)10:00~ 泉川公民館に、北宇和郡鬼北町日吉小・中学校で学校支援地域本部事業でコーディネーターをしている渡邉円さんが見えられました。

 渡邉さん、今朝は6時に出発して来たそうですが、ご苦労さんです。

  1   2
    渡邉さん                            多くの情報を頂きました

 
 最初に、泉川公民館 今西光昭館長から、泉川小・中学校と地域の関係をパワーポイントを使って説明していただきました。

 現在の活動から、
1、小学校での読み聞かせ
2、小・中学校、PTA、地域との学校連絡会
3、小・中学生が地域活動に参加

 今後は、
1、学力向上
2、中学校生徒会と地域の連携
3、小学校でまちづくりを学ぶ授業を展開
で発表していただきました。

 渡邉さんとの、懇談会では、日吉地区の学校支援地域本部事業、コミュニテイスクールについて、地域に開かれ、地域に信頼される日吉小・中学校の取り組みを聞き、私達も大いに参考となりました。

 会議の途中から、新居浜市の多くの学校で、学校連絡会を立ち上げている原さんも参加、不登校生徒の取り組みを話して下さいましたが、地域のネットワークが重要ですね。

 また、保護者の意識改革、先生の意識改革、小・中学校での先生の交流授業、小学校と中学校の体操服の統一と自分が行ってきた体験を話して下さいましたが、判り易い話で、渡邉さんも納得して下さいました。

   3   4
     原さんから現場の意見を発表             渡邉さん少しは参考になったでしょうか

 今日は、天気予報は、雪ですから、渡邉さん、早く帰らないと高速道路通行止めとなると大変ですから11時30分で会議終了です。

 次回は、私達が、日吉地区を訪問したいですね。

 お疲れさんでした。
米子市の未来づくり・ひとづくり講演会
 2月3日(月)4日(火)鳥取県米子市から招待を受け、今西泉川公民館館長、藤田泉川まちづくり協議会会長と訪問してきました。
 3日 新居浜市を、朝7時に出発、11時に到着、
 米子市職員の案内で、米子市で建設してきた、国内最大級の太陽光発電所を見学してきました。敷地は53万㎡、発電能力は4万3千kwです。設備投資額は1千億円です。びっくりする位の広さです。

   1   2
    電池パネル18万枚 発電能力は、4万3千キロワットです。

 米子市では、「ふるさと納税」も全国から注目されていますが、米子空港から、スカイマーク便が6便発着と大変元気な地方都市です。

 今回米子市、自治研修協会の主催で「米子市の未来づくり・ひとづくり講演会」が開催されました。

   3   4
    会場は米子コンベンションホール

 首都大学 大杉覚教授から、「地域自治と市民主体のまちづくりの実践」の講演、
 泉川校区から、今西館長と篠原が「泉川校区の活動事例発表」を行いました。

 大杉先生から、
 1、いまなぜ地域コミュニティか
 2、地域コミュニティ活動の趨勢
 3、信頼と納得の関係を構築する
 4、「市民自治」の覚悟と期待
で話されました。
 先生の具体的な話から、日立市、高松市三谷コミュニテイセンターの話も出てきました。
 既存の団体を、横つながりが重要と話されていましたが、私達が行っていることですから共感を受けました。

   5   6
    今西館長と                          参加者は、市役所職員、自治会長他

 泉川校区から、今西館長が「地域主導型による懐かしい公民館運営の目指すべきものとは」 ~郷土を興す喜びを共有する組織づくりの現状と課題~ で話されました。

 私からは、泉川公民館に視察に見えられた方と、よく話す内容を披露しました。
 「何故、泉川校区地域活動が活発なのですか?」と聞かれます。

 最初に、泉川校区は「自分たちのまちは、自分たちの力で」をモットーに活動しています。
 地域づくりの特徴は、
1、「地域課題は自分たちで解決する」姿勢です。
2、「子ども達を地域全体で育てよう」姿勢です。
3、「自立の精神」です。
と、答えています。
会場から、何点か質問がありましたが、
一番重要なことは、「実践」ですと日頃の想いを話しました。

 講演の後、米子市の職員からは、ねぎらいの言葉も頂きました。

   1
    野坂米子市長と歓談

 4日(火)8:30~ 米子市役所で、米子市 湯浅企画部長、足立市民自治推進課次長から「ふるさと納税」の説明を受けました。

   5   2
     湯浅企画部長と                     足立次長から説明

 米子市の、「ふるさと納税」は全国でも大変注目されていて、マスコミからの取材、全国の市町村からの視察も多いと聞きました。
 新居浜市も何か参考になるか違いを調べてみます。

   3   4
    ふるさと納税の詰め合わせ商品です

 帰りは、米子道が雪でしたから、ゆっくり帰って来ました。

   6
    蒜山サービスエリア

 お疲れさんでした。



プロフィール

大好き 泉川

Author:大好き 泉川
FC2ブログへようこそ!



FC2カウンター



最新記事



最新コメント



QRコード

QR



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター